CSV ファイルを読み込む

Click to copy

CSVファイルからデータを取り込み、データベースにロードすることを可能にします。


この Read CSV file ブロックは,任意のCSV互換ファイルをソースとして受け取り,それを1行ずつ読み取ります.各行が読み込まれた後に、コマンドの流れを指示する各行ストリーム出力コネクタを持つ。出力変数 "Row Columns "を使って、さらに処理するための列の配列を取得する。

この機能は Read CSV file は、機能的には For each loopブロックと似たような機能で、どちらも配列の要素を繰り返し処理しますが Read CSV fileは行を読み取ります。すべての行が読み込まれると、コマンドストリームはCompleted streamコネクタに送信されます。

Excelファイルを処理するブロックは、同様の原理で動作します。XLSXファイルを 読み込む、XLSファイルを読み込む、です。

ヒント:このブロックをFor Eachブロックと組み合わせて行の各列を繰り返し処理し、Switchブロックを使用して列番号または列名に基づいて列の値を処理します(詳しくは上記のビデオを参照してください)。

フロー接続

  • [Input] In - はブロックの実行を開始します。
  • [Output] Each row - は、ファイル内の各行に対して1回ずつ起動します。
  • [Output] Completed - は、ファイル内のすべての行が反復処理されたときにアクティブになります。

データ接続

  • [Input] CSV file (file) - 読み込むCSVファイル。
  • [Output] Row number (integer) - 現在読み込んでいる行の番号(1 から始まり、繰り返し実行するごとに 1 ずつ増加します)。
  • [Output] Row columns (string array現在読み込まれている行の列の内容を文字列形式で表します。