XLSファイルの読み込み

Click to copy

XLSXファイルの各行を反復処理する。 各行の処理は「Each row」フロー出力で行い、反復処理が終了したら「Completed」フロー出力を使用する。


XLSXファイルのすべての行を反復する(iterates over the lines)。各行を処理するためにEach rowストリームの出力を使用し、反復処理が完了した後にCompletedストリームの出力を使用する。
CSVファイル読み込み ブロックと同じように動作します。

ヒント:このブロックをFor Eachブロックと組み合わせて行の各列を繰り返し処理し、Switchブロックを使用して列番号または列名に基づいて列の値を処理します(詳しくは上記のビデオを参照してください)。

フロー接続

  • [Input] In - はブロックの実行を開始します。
  • [Output] Each row - は、ファイル内の各行に対して1回ずつ起動します。
  • [Output] Completed - は、ファイル内のすべての行が反復処理されたときにアクティブになる。

データ接続

  • [Input] XLS file (file) - 読み込まれるXLSファイル。
  • [Output] Row number (integer) - number of the row currently being read (starting at 1), increases by 1 with every iteration.
  • [Output] Row columns (string array) - 現在読み込んでいる行の列の内容を、文字列形式で返します。