外部APIリクエスト データモデル

Click to copy

External API Requestsのデータモデルを操作するためのブロックです。


External API Requestsについて詳しくはこちらをご覧ください。

外部APIリクエストブロックへの様々な入力を構築し、その出力を拡張するために、これらのブロックを使用します。さらに、外部APIリクエストで定義された仮想モデルを操作するためのブロックもあります。すべてのデータモデルには、それぞれの "make "および "expand "ブロックがあります。以下に、最も一般的に使用されるブロックと、それぞれのデータモデルを紹介します。

ヒント:External API Requestsのデータモデルブロックは、次の命名規則に従っています。例えば、"Expand AlphaVantage Body Model Out_Realtime Currency Exchange Rate "のように、 "Make/Expand APIRequestName DataModel In/Out(_VirtualModel)" となります。

データモデルAPIブロック
URL パラメータ入力APIRequestName URL Params モデル入力
本体入力APIRequestName のボディモデルを作成します。
ヘッダ入力APIRequestNameのヘッダをモデル化し、入力する。
クエリ入力APIRequestNameのクエリモデルを作成します。
ヘッダ出力APIRequestNameヘッダを展開する モデルアウト
レスポンスステータス
出力APIRequestName 応答ステータス出力モデルを展開します。
ボディ出力APIRequestName 本体出力モデル
仮想モデルどちらか仮想データモデルを作成する
仮想データモデルを展開する